矯正治療|福岡県筑紫野市の歯医者「医療法人績和会 荒木歯科医院」

矯正治療

口元が変われば、あなたの笑顔が変わります。
笑顔が変われば、あなたの人生がより豊かに変わります。

矯正治療の目的は
噛み合わせを改善すること

こんなお悩みありませんか?

  • 歯並びや口元の印象が気になり、思いきり笑えない
  • 噛み合わせが悪い
  • 歯が重なっていて、歯磨きなどが難しい
  • 歯を削ったり、被せたりしたくない

噛み合わせが悪いとどうなるのか?

噛み合わせが悪いと、口元の印象が気になってしまう、よく噛めないため思うように食事ができない、
お掃除がしづらいので歯に汚れがたまって虫歯や歯周病の原因になる等、様々な悪い結果をもたらします。

このような歯並びになっていませんか?

  • 歯並びがガタガタ(叢生)

    歯が重なって生えている場合は、顎のアーチと調和が取れるように歯並びを治す矯正治療の適応症です。抜歯が必要な場合もあり、精密な検査を行ったのちに治療方針を相談します。歯並びが良くなることで、歯磨きがしやすくなり、虫歯や歯周病のリスクを大きく下げられます。

  • 上の前歯が出ている(上顎前突)

    前歯の出た上顎と、下顎を整えることで、お口を閉じやすくします。口元や横顔を上唇が出過ぎていない自然な雰囲気にします。精密な検査を行なって、骨格の問題がないかを診断します。

  • 下あごが出ている(下顎前突)

    下顎の前歯を引っ込める事で、うわくちびるのボリューム不足を改善します。また、下顎が出ている印象も改善します。精密な検査を行なって、骨格の問題がないかを診断します。

  • 部分的な歯並び治療

    顎全体を治療せずに歯並びの問題が解決できるケースは、部分的な矯正治療を行います。全てのケースに当てはまる治療法ではありませんが、治療期間を短縮することができます。

  • 口が開いたままになる(開口)

    開口とは、奥歯はしっかり噛んでいるのに上下の前歯が噛み合わずに開いている状態です。幼児期に長く指しゃぶりしていたり、舌を前に出す癖があったり、遺伝的な顎の骨の形態が原因と考えられます。

  • 歯の隙間が空いている

    歯と歯の隙間が空いている状態で、すきっ歯という名称で知られています。食べ物がつまりやすく虫歯や歯周病のリスクが高い状態です。矯正治療以外の方法では、ラミネートべニアやダイレクトボンディング、クラウンなどの治療法があります。

良い噛み合わせのメリット

Functional benefits

  • しっかり噛めて、
    美味しく食べられます

    正しい組み合わせで上下の歯が噛み合うことで、歯の本来持っている力を発揮させることが出来るので、しっかり噛めるようになり、美味しく食事ができます。

  • 虫歯や歯周病
    予防に大きく役立ちます

    理想的な歯並びは、汚れが溜まりづらく、歯磨きなどのお掃除が簡単です。歯並びを整えることで虫歯や歯周病のリスクを下げることができるため、歯科治療に時間や費用がかからなくなります。

  • 噛み合わせの力から
    歯を守ります

    噛み合わせのバランスが良くなり、噛み締める力を分散することで顎の関節を守ることにもなります。また、顎に無理な力がかからないようになることで歯が割れたりグラグラしたりするリスクを低くできます。

Aesthetic benefits

  • 自然な笑顔に自信が持てます

    歯並びはお顔に合わせたバランスがとても大切です。自然な笑顔は口元だけでなく、あなたの印象を大きく変えます。

  • 口元のボリュームが
    良くなります

    上顎(出っ歯気味)や下顎(受け口気味)が出ているケースは治療する事で、横顔が大きく変わります。

歯列矯正を受ける前に

Caution

  • 矯正器具装着時の違和感

    矯正器具の装着時に、器具によっては食事、会話、見た目などの日常の行動に違和感を覚える場合があります。

  • 矯正器具と歯肉の接触

    矯正器具によっては構造上、口を動かした際、歯肉が傷つくことがあり、炎症に繋がる場合があります。

  • 装着時間の厳守

    ご自身で着脱できる矯正器具の場合は、きちんとした治療成果を得るために、装着時間を守らなければなりません。

  • 小児期の矯正期間

    小児期の矯正の場合は、顎の骨が成長を終える時期(およそ15歳ごろ)までの経過観察を必要とし、そのため治療期間が長くなることがあります。またしっかりと保定されないと後戻りする場合があります。

矯正治療を専門に行う歯科医師が担当

当院では、全顎的な矯正治療は専門に行う担当歯科医師が担当します。経験豊富なドクターに、より専門的な診断と治療を行なってもらいますので、安心して治療をお任せ下さい。治療相談もお気軽にお声がけ下さい。

村田 直久(矯正歯科担当・非常勤)

  • 担当医略歴

    1999年
    泰星高校(現 上智福岡高校)卒業
    2005年
    九州大学歯学部 卒業
    九州大学病院 矯正歯科 入局
    2011年
    九州大学歯学府博士号 取得(歯学博士)
    2015年
    村田矯正歯科医院 勤務 副院長
    2018年
    村田矯正歯科医院 継承 院長
  • 所属学会

    • 日本矯正歯科学会 認定医
    • 九州矯正歯科学会 所属
    • 日本口蓋裂学会 所属
    • 日本顎変形症学会 所属
    • 福岡歯科衛生専門学校 講師
    • 博多メディカル専門学校衛生士科 講師