審美歯科治療|福岡県筑紫野市の歯医者「医療法人績和会 荒木歯科医院」

審美歯科治療

審美歯科治療とは

歯科医院では、虫歯や歯周病の治療をするだけではありません。歯の形や色を美しくし、口元との調和を図る治療は「審美歯科治療」と呼ばれています。

口元に自信がなく、歯を見せて笑えない・笑う時に口元に手を当ててしまうという方が、審美歯科治療によって自信をもって笑えるようになったり、お話ができるようになったりするのです。

当院の院長は「日本審美歯科協会」の正会員として日々研鑽しています。患者様の健康で美しい口内環境を作るための治療を行っていきます。

当院の審美歯科治療

  • 自然な仕上がり

    審美歯科治療において
    重要なことは調和です

    病気を治すことに加えて、健康感を出すことが審美歯科治療のゴールだと考えます。健康感のある、調和のとれた口元にすることで、美しい歯と自然な雰囲気を実現します。

  • 機能面の回復

    審美歯科治療には
    機能性も重要です

    美しく自然な雰囲気をもった歯は、本来の形態を回復することで得られます。 すなわち、機能的な歯を回復させることが、審美に繋がるのです。また、定期的にメンテナンスを行うことによって、長期にわたって病気の再発を防ぐことができます。

  • 精密さが重要

    マイクロスコープで
    細部まで精密に

    審美歯科治療とは、精密な治療の上に成り立つものであり、インスタントなものは長持ちしないと考えています。審美歯科治療は、精密な基本治療の積み重ねが大切です。マイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を使用することによって、より精密な治療が可能となります。

FLOW

  1. 01形成(形を整える)

    マイクロスコープで歯肉縁下に境目を作る
    歯の形を整えるポイントは沢山ありますが、大切な事は境目をスムーズで(ガタガタが無い)、クッキリと明瞭な状態にする事です。その為には、マイクロスコープで拡大して治療する必要があります。肉眼では確認できないレベルで精密な作業が可能です。また、歯茎の深い部分に境目を作る事で、治療後に境目が見えることがありません。

  2. 02印象(型取り)

    マイクロスコープで精密に型取り
    歯茎より深い部分に治療の境目を作っていますので、「圧排」という方法で歯茎を広げて型取りを行います。
    その際、マイクロスコープを用いる事で歯茎を傷つける事なく、確実な型取りが行えます。身体に優しく、治療の確実性を高められます。

  3. 03試適(仮合わせ)

    歯の色を歯科技工師と打ち合わせる
    写真を撮影し、客観的に歯の色を合わせます。より自然な色調の歯を作製することが可能です。また、マイクロスコープでセラミックの被せ物と歯の間に隙間がない事を拡大視野で確認できます。

  4. 04セット(接着)

    強力なセメントで接着します
    完成したセラミックの被せ物を最終的に接着します。マイクロスコープで接着剤の取り残しが無いことを確認するのですが、歯茎の深いところまで確実に取り除く事ができます。それによって、セラミックと歯が一体となり、長期に渡って歯茎とも良い関係を保つ事が出来ます。細菌を侵入させない為、虫歯の再発防止にとても大きな役割を担います

  5. 05メインテナンス

    定期的に管理することで、長期に渡って再発のリスクを減らすことができます
    健康な状態でメインテナンスする事で、再治療する事が大幅に減少します。結果的に、一番歯科医院に通院しなくて良い方法です。健康維持に必要な時間や費用が、最小限になります。

CASE